寺院概要

 

HOME | 寺院概要

 

本行寺縁起 

 法高山と号し日蓮宗の寺院である。開基は、日合上人。創設は、永享元年(1429)。本山平賀本土寺9世日意上人が開山する。 長禄2年(1458)経王院と号する。 寛正3年(1462)現寺号を公称する。隆盛期は、七堂伽藍ありと伝えられるも、明治の廃仏毀釈により衰退する。現在の本堂・客殿・庫裡・鐘楼堂・山門・白壁瓦塀・庭園・参道・墓地・駐車場他は、41世日潮上人・43世日幹上人・45世日道上人(現住職)代に、檀信徒と共に90年余の歳月をかけて護持丹誠して再建整備したものである。
本尊は、宗祖日蓮大聖人の示された大曼荼羅を仏像形態にした一塔両尊四士である。また、守護神として鬼子母大善神・稲荷大明神などがまつられている。本堂前には、昭和20年8月13日成東駅で爆死した犠牲者15名を供養する成東駅殉難者之墓がある。本堂裏には樹齢数百年と思われる大槙があり、寺院の歴史を感じさせる。

住職挨拶

 本行寺は、緑に囲まれた平坦地にあり、錦鯉が泳ぐ池を配した趣のある日本庭園が美しい、白壁瓦塀に囲まれた心安らぐ瀟洒な空間です。四季折々の花々や、木々の新緑や紅葉の景色は格別です。JR成東駅から徒歩8分、圏央道山武成東インターから車で8分と交通の便にも恵まれ、駐車場も完備しています。日々、僧侶の読経回向を受けられる境内墓地には永代供養墓もあり、静かに故人への想いを巡らせる環境が整っています。本堂の半分は、参道からバリアフリー化されスロープを経て庫裡多目的玄関を通り、下足で車いすに乗ったままお参りできます。本堂は椅子席で100名が収容できます。庫裡玄関は20畳大で、普段は応接室として儀式では受付として使用できます。玄関脇に車イス対応の下足で使えるトイレがあります。客殿は椅子席50名ほど会食が可能で、簡易宿泊できる風呂・洗面所・台所・トイレなどの設備があります。諸堂はバリアフリーで繋がり、冷暖房を完備しています。現代人のストレスや心の苦悩を取り除く、み仏や日蓮宗の教えを伝える布教活動を行っております。また、地域に開かれた寺院として「お月見の夕べ」「夏休みの寺子屋」「いけばな教室」「太極拳教室」ほかの行事や文化活動を行っています。
 

本行寺のバリアフリー設備

車椅子の方にも優しいお参り動線

門前駐車場より参道、庫裡前スロープ、玄関は自動ドア、本堂まで車椅子に乗ったまま参拝できます。(下足用車椅子1台有り)

玄関には鍵付きの下駄箱を設置して履き物の取り違えに配慮しています。

玄関脇に車椅子対応の下足で使えるトイレがあります。
仏事や行事では、玄関内で受付が出来るので、雨や暑さ寒さは心配ありません。

諸堂は敷居段差もなく廊下は広く、室内専用車椅子も1台用意しています。

 

本行寺施設について

本堂

昭和13年新築。平成4年屋根銅板葺き替え。平成23年外陣改修。平成31年回廊改修予定。冷暖房完備。

本堂内陣

本尊は、宗祖日蓮大聖人の示された大曼荼羅を仏像形態にした一塔両尊四士。守護神として鬼子母大善神ほかがまつられている。

庫裡

平成25年年新築。設計施工は(株)金剛組。庫裡を仲立として本堂と客殿もバリアフリーとなった。冷暖房完備。

庫裡玄関

広い玄関は多目的室で、入口は自動ドアです。普段は応接室として、仏事や行事では受付として使用します。

客殿

昭和38年他寺より移築。平成5年屋根銅板葺き替え。平成23年及び平成29年増築改修。冷暖房完備。
 

客殿広間

広間では50名程が椅子席で会食できます。広間の他に多目的室2室、キッチン、浴室・洗面所・トイレがあり簡易宿泊可能。

鐘楼堂

除夜の鐘(大晦日23:30開始)には、毎年たくさんの方々が参詣されます。除夜の鐘はどなたでも、撞くことができます。 

稲荷大明神

守護神として参道の中ほどにおまつりしています。

墓地

本堂裏の平坦地に檀家用墓地があります。通路は舗装済で、客殿裏に水屋があります。新区画もあり、新檀家を受け入れています。 

永代供養墓

「久遠廟」くおんびょうは、本堂脇の一等地にあり、本行寺が供養管理しますので、墓の継承者がいない方なども心配ありません。

水子地蔵

命を授かりながら出生できなかった水子之精霊供養のため本堂脇にまつる。昭和53年に鍛総代家奉納。平成22年に解体修理。 

成東駅殉難者之墓

終戦2日前の昭和20年8月13日に、成東駅で爆死された駅職員15名の慰霊碑。昭和32年に建立。平成17年に基壇改修。

境内庭園

錦鯉池回遊式庭園で、心安らぐ空間です。特に新緑と紅葉の時期は綺麗です。山武市の紅葉名所として紹介されています。 

錦鯉

小さなお子さんからご年配者まで喜んでいただいています。30㎝以下のものは、この池で生まれ育ったものです。